apapax’s diary

妄想も好き https://tetsukon07.blog.fc2.com/

自己中のばあさん

土曜日に整形外科に行き、レントゲンを撮ってもらったら、第4と第5の間が狭くなっているという。

ほっとくと椎間板ヘルニアになると言われた。

リハビリするように言われたが、私、いってる暇ないんだよなあ…

 

とりあえず、今日は1日休んでリハビリに行ってこようと思う。

 

ばあさん!

ばあさんは私が腰に来たと知ったとたんに言った言葉がある。

「私がどうしたらいいのか困る」

 

そのことを夫が聞いていて、また引っかかったようだ。

「自分のことしか考えてない」

 

ばあさんの思うことはみんな思うことではあるが。

分からないことはないが、夫はその言葉の中に含まれるニュアンスを感じ取る。

 

この前、私が腰の具合が悪く、眠ってしまっていた。

その時、夫が呼んだ。

ティッシュとって」

 

夫は動けないのである。

とってあげなければならない。

それなのに、ばあさんはテレビを見ていて、全然動こうともしない。

 

私は、必死で起きて、ティッシュをとってあげたが

夫はそれまでに何度も呼んでいたのである。

 

そして、起き上がろうとしている私にばあさんが言った。

「寝てなよ!」

 

そういうなら、ティッシュとってあげるくらいやってあげてくれ!

私はそう思った。

そして、夫もそう思ったようだ。

夫は私が起き上がれずにいることを察して「どっちでもいいからとってくれ」と叫んでいたのである。

 

 

なんだか、すべてが自己中心なのだ。

それが夫には腹が立ち、悲しいことなのだ。

最近は親じゃないとまでいう。

 

確かに、この人たちを見て育って、世の中を信じたい気持ちにはならなかっただろう。

夫はむしろ、ぶれないでいる中心があったから逆にまともなのだ。

 

そう思うように最近なった。

 

私は、1階にじいさんとばあさんがいると、そこからさっさと退散したくなる。

夫は動けないから余計だろうな。

 

これをどう受け止めて、打開したらいいだろう。

与えられた環境でどう感謝したらいいのだろう。

 

自分の訓練ですか?

 

 

突然の腰痛

一昨日のことだった。

朝、顔を洗おうと前かがみになった時

あれ?と思った。

なんか、腰がはまらない感じ

 

前かがみの体勢が維持できなかった。

違和感がそのまま続いたが、動けたので何とか気にせずに動いていた。

 

昨日も違和感は続いていたが、動けたのでそのまま仕事に行って座って仕事をしていた。

大丈夫かな、と思っていたが、夕方やはり右の骨盤の上あたりが痛くて、変な感じだった。

 

帰ってきてもやはりそのままおかしかった。

そして、時間がたつと、腰全体に鈍痛が広がってきて

 

 

夜、姉から電話があったが、その時にそれはぎっくり腰だから、病院へ行くように言われた。

姉も2回やっているらしい。

腰に疲労がたまっていて、いきなり来るとのこと。

 

とにかく、病院へ行ってこなければ。

確かに、介護の行動は腰に負担がかかる。

リハビリ病院でも、みんな言っていた。

だから、ベルトをあげたりもした。

 

今日は栄養士さんが来るが、お義母さんに聞いてもらうために来るから、私は間に合わなくても大丈夫かな?

 

普段何事もなくやっていた行動ができない。

とにかく、早く対処しよう。

 

じいさんの味覚障害

息子はコロナではなかった。

本当に、何だったのか?

味覚障害もどうやら気にならなくなってきたようである。

 

味覚障害がこのまま続くときついもんがあると言っていたが

とにかく自分は体験したことがないのでよくわからない。

職場の人が自分もなったことあるが、原因はわからなかったという。

なんにせよ、今の時期にそんなことになるとは、紛らわしい。

 

味覚障害亜鉛の不足が多いというと、息子は早速サプリメントを買いに行ったようである。

 

とにかく、コロナでなかったことはたくさん唾液を採取してはっきり分かったし、症状も熱もすぐに下がり、下痢も一回だけだったらしいから、よかった。

職場には1週間休んで復帰するとのこと。

3日間は事故扱いだそうで、2日は有休を使うことになるらしい。

 

味覚障害と言えば、昨日もじいさんが私の心を込めて作っている料理に難癖をつけた。

 

おかずは、豚肉の生姜焼きである。

朝から冷凍していた肉を解凍し、しょうがと酒、しょうゆにつけておいた。

それを夜はばあさんがさっと焼けばいいようにしておいたのである。

 

豚肉は数少ない爺さんが文句を言わず食べる食材だが、だれよりも先に箸をつけて、

「あー、しょっぱい。しょっぱくて食えたもんじゃない」という言葉が、隣の部屋で夫のおむつを替えている私の耳に聞こえてきた。

そして、「そんなことないよ。おいしいじゃない」というばあさんに「だったらこれ食べてみなよ。しょっぱいから」と言って、もういらない、と突き返す。

 

私は、そんなにしょっぱくしたっけ?と思いながら、全部やることをやって自分が食卓に着き、食べてみたが

 

しょっぱくなんかない。

むしろおいしかった。

 

いつも、何にでも自分でしょうゆをかけるくらいしょっぱくしてから食べるのが爺さんである。

 

あまりに腹が立ったので、「そんな風にしか食べられなかったらもったいないよ」

と言ってやった。

 

この前、テレビで所ジョージのおとうさんの話がやっていたが

お父さんは厳格な人だったが、大恋愛をして結婚し、毎日夕食のあと、おかあさんに

「おかあさん、今日の料理もグーだったよ」と一言言っていたようである。

 

所ジョージは、お笑いだが、人間味が感じられ、温かみのある人だとつねづね思っていたが、おそらくそのような家庭ではぐくまれた健全さがあるのだろう。

 

料理をおいしく食べる、それがどれだけ作り手の心を喜ばせるか。

そして、まずいという言葉や、自分の好みでないと箸もつけないといった態度がどれだけその人を傷つけるか

 

私は、偏食は人間の好き嫌いに通じるといつも思っている。

好き嫌いのない人はいないが、少ない人は人間に対しても許容量が大きい。

 

私は、爺さんのために一切料理を作ってあげたくないと思うこともしばしば。

私は、人が自分のために作ってくれた料理をおいしく食べる人間でいよう。

 

 

息子がコロナに

昨日息子からいきなり電話。

あいつからかかってくるときはよくないことが多い

 

まさか、と思ったらやっぱりそうだった。

「おれ、やばいかもしれない」

 

だから、飲みになんかいくなって言ってたでしょ!

コールセンターがつながらないとか。

行政の対応もひっ迫している。

 

24時間やってるのならあきらめずに夜でも電話したらつながるかも、と言ったら

夜やはりつながった。

 

4か所くらい病院を紹介してもらい、明日朝一で予約入れていくことになるとか。

予約も取れるかどうかわからないと言っていた。

 

とにかく、冷蔵庫の中はあるのか聞くと、豆腐と納豆、水4本。

お米は何とかあるとか

だめだ、まったく何もない。

 

今日午後休みをたまたまとっていた。

仕方ないから物資だけでももっていかないと。

ドア前に置いておくしかないが

 

本当に怖い世の中だ。

どうかこれ以上悪い状態になりませんように。

 

必死な心情である。

 

夫のリハビリ

昨日夫の整形外科にいってきたが

 

夫の最近の体の痛みはリハビリ不足によることがよくわかった。

だから、もっとリハビリしなければならない。

 

でも、連れていくの大変

車いすがエレベーターに入らないので貸し出してもらって

距離は近いが、着替えさせて移乗し、車いすを押していく

さらにずっとそこにいなければならない

私が負担

 

でも、この前やった自費の治療の分であと3回のリハビリができるとのこと

そのあと保険治療にできるらしいが、確かこの前150日と言っていたような

 

いつから150日なのだろう

初診の日からなら5か月だ。

そしたら、3か月くらいもう消費したかも。

 

ちゃんと確認しておかなければ

 

リハビリ不足で痛いんだったら私がまたやるってことになるよな…

 

 

いろいろ夫の病気のことで新しく知ることがたくさんある。

発展的に考えよう。

こうでも考えて感謝していくしかない。

 

プラス思考!

オリンピック

連日のメダルラッシュがうれしい。

本当に、アスリートたちは、この場があってうれしい今だろう。

 

私は、アスリートにはなれない。

でも、彼らを見ていると、一片単心、その言葉を思い起こす。

 

誰のためでもない。

ただ、自分がその道を極めたいのである。

 

日本は、いまだに爆発的なコロナの感染状況に置かれている。

ここを抑え込める力が政治に必要だと思うが、共産主義ではないから、なかなか難しい。

共産主義は違うと思うが、あまりに個人の自由を尊重するのも問題がある。

人間は完全に正しい感覚を持っているわけではない。

みんなどこかずれている。

 

ずれないように近づけているのが、アスリートたちだ。

どれだけの心身の修練が必要だろうか。

そして、競う場がなければ、彼らもできない。

 

オリンピックは4年に一度の舞台だ。

見ているほうも楽しい。

 

人間のすばらしさを感じることができるからだ。

 

 

 

シーバップ

夫が睡眠時無呼吸症候群なので、医師の指導により、シーバップを試してみることにした。

昨日、機械をもってきてくれ、説明を受けた。

確かに、続けられれば改善はするだろう。

でも、夫は嫌がって、続けられないともう音を上げた。

 

装着感が大きい。

圧迫されている気がするのだろう。

 

でも、肺炎をやった時につけていた酸素マスクのようなものだ。

慣れてしまえばできないこともないとは思うが。

 

大変なのは、毎日洗わなければならないこと。

医療器具だから当然なのだろうけど。

 

私の負担が大きい。

 

良くなりたいという気持ちは本人にはあるが、どうも薬で良くなりたいと思うようだ。

でも、薬をもう増やしたくないくらい飲んでるのが現状だ。

 

まあ、持ってきた以上やらなければいけないだろう。

とにかく、起きているときに短時間やって、始めて行こうと思う。